CIOFF ワールドフォークロリアーダ
INオランダ

四年に一度世界を回り“芸能文化のオリンピック”と言われる
ワールドフォークロリアーダに日本代表として出演しました


ラジオ出演中 二世 壽升
扇・着物など約500点を
        オランダへ寄付しました



クロージングセレモニー


次期開催国が日本だった為2週間あったCIOFFの大トリを努めました。
舞台を囲み一万人のお客さんがいるスタジアムでこの日の為に作られ
広さ約16間(17.28m)×8間(8.64m)mもある舞台でした。

「エイサー」で幕開け 二世 壽升が獅子を努めました。 最後は「ソーラン節」でした。
会場もスタンディングが
出るほどの盛り上がりでした。


翌日の新聞はCIOFFの閉会式とオリンピックの開会式が一面ずつ並んで載ってました。
そして新聞のトップを飾ったのは
春日流宝の師範と言われる壽聖さんでした。